FC2ブログ
大阪南部

【2020年6月】大阪/河内長野市 『麦とろ膳 CAFE HIROYA(ひろや)』 麦とろ膳<A>

0
専門分野ではないので
ザックリと言うけれど。。。
麦とろ飯はカラダにいい。
2020617-h00.jpg



前記事「滝畑ライド」(⇒コチラ) で立ち寄ったお店。

とある駐車場の一番奥が入り口。
ちょっとした隠れ家感がワクワクさせる。
20200617-h01.jpg

おっと。
なんだか風情ある店構えじゃないか。
20200617-h02.jpg

今回が初訪店。
大阪府河内長野市
麦とろ膳 CAFE「HIROYA」 さん
20200617-h03.jpg
お店の情報は⇒ コチラ


「麦とろ専門」 ・・・言い切ったね。
麦とろ飯をいただけるお店である。
20200617-h04.jpg


入店すると。。。
1階は丹波焼の器などを販売しているギャラリー「廣ヤ」さん。
靴を脱いで、入り口横の階段を上がれば「HIROYA」さんとなる。

2階のスペースは座卓のみ。
案内され席に着き、早速注文を済ます。

「麦とろ膳<A>」 でお願いします。

待つ間に店内を見渡す。
木のぬくもりを感じる作り。。。
高い位置の窓から射す陽が明るく、やさしい。

おっと。
6月16日は麦とろの日?
20200617-h05.jpg
あっ、昨日だったか・・・残念。

・・・というか、麦とろの日?
何だそれ?


どうやら。。。
麦とろを食べて、元気に夏を乗り切ろうと
「麦ごはんの会」という団体が制定した記念日らしい。
6月16日で 「6(麦)16(とろ)」らしい。
フフ、ちょっと苦しいw


そんなこんなで、待つこと暫し。


キタよ、これ。
「麦とろ膳<A>」
20200617-h06.jpg

おぉ。。。
いいじゃないか、いいじゃないか。
いろんなバランスが調ってますよってに。


とろろは丹波の山芋・・・良き良き。
20200617-h08.jpg

そして、この麦飯。。。
米と麦の割合は食べやすい割合のようだ。
20200617-h07.jpg

この「麦飯」と「とろろ」が融合して「麦とろ飯」になるわけだ。

麦とろ飯のいただき方は
お店の方が優しく丁寧に説明してくれた。
さっそく、その通りに試みる。



まず、すり鉢に少しずつ出汁を入れながら。。。
すりこ木でゴリゴリと擂っていく。
20200617-h09.jpg


出汁は全部入れても
「入れすぎにはならない量」しか入っていないという配慮。

だが、しかし。

一度に出汁を入れてゴリゴリすると
とろろが分離してしまうらしい。
少しずつ出汁を入れながらゴリゴリと
数回に分けて擂るとフワフワのとろろになるという。


ウハッ・・・。
ふわふわのとろろの出来上がり。
20200617-h10.jpg


ということで。
本日のメインイベント。

フハハ・・・。
麦飯にとろろが舞い降りる。
20200617-h11.jpg


ここからは。。。
店員さんの説明になかったワタクシ流。
とろろがすべて舞い降りたら
少しだけ残していた出汁を、その上に振りまく
・・・追い出汁だ。
20200617-h12.jpg

あぁ、たまらない。
実にいい・・・いいねぇ。

さてさて、眼前の料理に
口内が潤い、胃袋がざわめく。
準備万端、すべてが調いました。


では、いただきま。


もちろん、麦とろ飯からいただく。
20200617-h13.jpg

はうっ・・・。
なんだこれ、たまらく美味しい。
今まで私が食べてきた とろろ っていったい何だったんだ。

米、麦、山芋・・・麦とろ飯の
シンプル、且つ質素なイメージとはかけ離れた
複雑で繊細、且つ贅沢な味わい・・・これいかに。


あぁ、美味しい。


おっと、感動している場合ではない。
麦とろ飯のまわりに控えしは。。。

「マグロのたたき」 ・・・これは日替わり。
20200617-h14.jpg

「茄子のお浸し」、「酢の物」、「お漬物」・・・そして「デザート」。
20200617-h15.jpg


おっと。
見るだけで分かるよ、美味しい「味噌汁」。
20200617-h18.jpg
デザートまで完食してから
締めに味噌汁をいただくのがワタクシ流。
最後のお楽しみである。




ではでは。。。
たたきをパクっと口内へ。
20200617-h16.jpg
ほほぉ。。。
若干のピリリ感に意表をつかれる・・・オモシロイ。
もみじおろし? 七味?
フム・・・。
このたたきも美味しいぞぉ。

そうだ! このマグロのたたきを。。。
オン・ザ・麦とろ飯 でどうだ!
美味さの相乗効果・・・これは間違いない行為。



続けて、ヒタヒタのお茄子をいただく。
20200617-h17.jpg
はうっ・・・。
すりごまの風味が見事にマッチ・・・これは深い。
あぁ、美味しいです。


もう、お箸が止まらない。
麦とろ飯を中心に小鉢を何回も行き来し
美味しい魔方陣を描き出す。

いいじゃないか、いいじゃないか。
すべてがいい。

あぁ、しあわせだ。


眼前の料理を
ただただ無心に口内に運ぶ。
それだけで。。。
こんなにしあわせになってもいいのでしょうか。


いいんです。


美味しい瞬間を。。。
美味しいまま、イッキに食べ切ってしまう。
胃袋にしわあせを封じ込めてしまうのがワタクシ流。

と言うことで。
いつものように、アッ と言う間に完食。
20200617-h19.jpg


あぁ、美味しかった。

とてつもなく大きな満足感に包まれ
幸福の真っただ中で溺れそうである。

アフターはアイスコーヒーをチョイスしたのだが。
20200617-h20.jpg
りんごジュースも美味しそうだった。
次回はりんごジュースで決まり。

どうも。
ご馳走さまでございました。


帰り際。。。
「是非、またお越しくださいね・・・」 とスタンプカードをいただいた。
2020061726.jpg

今月は「麦とろの日」がある月・・・ということで。
スタンプは「倍押し」ですって。
2020061727.jpg

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

「麦とろ膳 CAFE HIROYA」
【営業時間】 10:30~16:30
【定休日】 日曜日・祝日
【サイクルラック】 なし
【その他情報】
麦とろ膳は1日限定「35食」(予約可)です。
お店の入り口は駐車場の一番奥なので
自転車も一番奥のスペース(記事中の画像参照)に
邪魔にならないように停めればよいかと。
駐車場は周辺ビルの飲食店と共有なので、昼時はほぼ満車状態だと思います。
ただ・・・市役所の向いなので、昼時じゃなくても満車っぽいです(謎)。

当ブログのカテゴリは
「食べ歩き」ではなく「自転車」です・・・念のためw

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.