FC2ブログ
自転車メンテ・イジリ

ANCHOR UF5をレストアする① 『現状把握&分解』

0
スポーツバイクはフレームが死んでいない限り
愛情をもってすれば
もう一度、輝きを取り戻すことができる。
今回はその第1回である。
202005-A1-00.jpg




息子様の普段乗り用に
中古クロスバイク 『ANCHOR UF5』 を入手。
202005-A1-01.jpg

おそらく、「2012年モデル」 と推定。
細部を見ると、結構な劣化とダメージ

にも関わらず・・・だ。

やっぱり、ANCHORのバイク。。。
この佇まいはカッコイイねぇ。
6000円 の仕入れ価格に納得している。
202005-A1-02.jpg

カラーはブラックっぽいけど
よく見ると 「アメジスト」 というパープル系 でシブい。
トップチューブはスローピングなので
小6の息子でも実に乗りやすいモデル。


・・・というか。

こんなステキなバイクがくすんだまま。
このままでいいのかい?

そんなハズはない。

もちろん、バイクの状態と価格のバランス
必要なパーツの予算など総合的に検討したうで
もう一度、輝かせてやりたい
・・・と、思っての購入。


ということで。
『ANCHOR UF5 再生計画』 の始動である。

さっそく、『現状の把握』 から。

まずはフレーム。
経年劣化、汚れのほか
大きなダメージは、トップチューブのキズと
あとは チェーンステーにヘコミ1ヵ所・・・か。
202005-A1-03.jpg


続いてハンドル回り。
グリップは要交換やね。
ステムは傷だらけやけど・・・いったん流用。
でも、錆びたボルトは交換しよう。
202005-A1-04.jpg

シフターは生きているようなので流用。
ケーブル類はケーシングもインナーもすべて交換しよう。
おっと・・・フロントブレーキの取り回しがヤバイ。
202005-A1-06.jpg


そして、サドル。。。
純正やけど、これは交換やね・・・残念。
202005-A1-05.jpg


ディレイラーは現状で
リア(8s)のロー側2枚に入らない。。。
フロント(トリプル)はアウターに掛からない。
フム・・・調整で直ることを信じて流用しよう。
202005-A1-07.jpg
スプロケクランク回りも流用するけど
チェーンは交換必須やな。

というか。
チェーンリングに、卵の殻と生体の抜け殻。。。
何者かがここで暮らしていたようだw
202005-A1-13.jpg



おっと、ホイールの振れがないのは救い。
タイヤも、もう少しそのまま使えそうだ。
202005-A1-08.jpg
パンクしてるかと思いきや。。。
空気を入れるとチューブもそのまま使える。


さてさて。
ひと通り、要・不要 を見極めたところで
大好きな分解作業の開始。

ペダルはそのまま使うので外さないけど。。。
外さない理由は他にもあって・・・次回以降の記事で。

BBはスクエアテーパー。
人生で数回しか使わないのに
なぜか所有しているコッタレス工具の出番w
202005-A1-09.jpg
BBはまだ生きているので、今回は外さない。


ということで。
残留決定の方々がコチラ。
202005-A1-10.jpg


残念ながら戦力外通告の方々。
202005-A1-11.jpg
いったん戦力外通告したものの
パワーモジュレーター は迷い中。
仮残留として処遇を保留しておこう。


そして、新戦力の方々がやてきた。
202005-A1-12.jpg


ということで。
車体 約6000円、交換パーツ 約7000円
『ANCHOR UF5 再生計画』
いよいよ、次回より本格始動である。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.