FC2ブログ
自転車メンテ・イジリ

パンクの原因・・・

0
おっと、これは。。。
私の想像の範囲を超えてきた。
2020012200.jpg



1月22日(水)
今年2回目の 水曜平日休
先に言っておくと。。。
ロードバイクには乗らない日。


妻が家用で
片道15kmの道程を自転車で行く
というので、IDIOM号でお付き合いした

のだが。

家を出て3kmで、妻の ブルーノ号 がパンク。
仕方なく引き返し。。。、
車に乗り換えて家用を片付けて
ついでにランチも済ませるw

「キッチン ブルドッグ」 さん(大阪/富田林市)
2020012201.jpg


ランチの詳細は次の記事で書く・・・かも?
2020012202.jpg



そして帰宅後。。。
妻が翌日に自転車を使うというので
さっそく、ブルーノ号 のパンク修理。

走行中、勢いよくイッキにエアが抜けたので
さぞかし大きな異物を踏んだのだろう
・・・と思ったのだが。

おや?
タイヤ表面を目視しても
パンクの原因が見当たらない。




とりあえず。
タイヤを外してチューブを点検して穴を見つける。

スペアチューブがなかったので
チューブ交換ではなく「応急処置」として
穴の開いた箇所にパッチを施したのだが・・・。
2020012203.jpg

タイヤの表面を見ても
原因が分からなかったはずである。
走行中に何かを踏んだのではなく
なんと。。。
リム側に穴が開いていたのだ。

パンクの原因は 「リムテープのズレ」
完全にズレていたので
ホイール側の突起かエッジで穴が開いたもよう。


でも。。。
どうしてリムテープがズレたのか?

その原因は
私の想像の範囲を超えていた。


ブルーノ号のホイールは20インチ。
そのホイールに施してあったリムテープは
かなり劣化した26インチ用のリムテープを切って
その両端だけを
両面テープでリムに止めてあったのだ。
2020012205.jpg

妻のブルーノ号は
サイクルショップで買った中古車。
購入後、いろいろ点検したのだが
さすがにリムテープまで点検していなかった。

その26インチ用のリムテープは
カットしてあるものの。。。
長すぎてユルユルのガバガバ。
エアを入れたり繰り返せば・・・
両面テープで止めてある両端以外の部分は
まぁ、ズレても不思議ではない。

やはり、中古車は
スミズミまで点検せなアカン
ということやね。

まぁ、原因が分かれば処置も決まる。
近所のホームセンターで
「応急処置」としてフリーサイズのリムテープを調達。
2020012210.jpg

とりあえず、リムテープを施して
翌日に乗れる状態まで修理は完了。

ウム・・・一件落着。



おっと、話は変わるけど。

私、最後にロードバイクで出かけたのは
昨年の11月13日だから・・・もう2ヵ月が経つ。

さて。。。
今年の初ライドはいつ?

まぁ、全然焦ってないので
気が向けばロードバイクに跨るスタンスは継続中。

というか・・・ナンなの?
この梅雨時期のような週間予報は。
2020012206.jpg

来週水曜日、天気が怪しければ
もちろんロードバイクには乗らない。

でも、雨や用事で「乗れない」と嘆く のではなく
「乗らない」という判断・・・そんな私のスタンスでおま。

本当にどうしても乗りたいのなら
雨でも自転車に乗れるもの。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.