FC2ブログ
自転車メンテ・イジリ

ついでに 「日泉ケーブル」・・・

0
シフトレバーの操作でワイヤーが引かれる。
ガチャ と耳と手に伝わる変速。
そして。。。
この艶めかしいケーシング。
良い・・・実に良いよねぇ。
2020010800.jpg



1月8日(水)
今年最初、約1ヶ月半ぶりの 水曜平日休

なのだが。


朝から雨である。
2020010801.jpg

昼前には止むそうだが
嵐のような爆風が吹き荒れているので
自転車に乗らない日とする。

ということで。
前記事の リザードスキン のほか
オーバーホールのついでに
もうひとつ新装したものを 備忘録 がてら。
2019123001.jpg


その新装したものとは。
「ケーブル類」 である。

オーバーホール前は
こんな感じのシマノ製ケーブルだったけど。。。
2019121504.jpg


今回は巷(?)で話題の
「日泉ケーブル」さんを使ってみた。
ケーブルの特性で取り回しも少し変更された。
2020010802.jpg
日泉ケーブルさんのサイトは ⇒ コチラ


インナーケーブルに使用したのは
「SP31 スペシャルステンレスインナーケーブル」

シフト用のインナーケーブルと。。。


ブレーキ用のインナーケーブル。



内側に太さの異なる素線を使って
通常より多い 31本の素線 で撚ったケーブル。
20200108-nissen.jpg
出典:日泉ケーブル

表面を削って真円に近づけることによって
柔軟性・耐久性・低摩擦性 を上げている・・・とか。


ケーシングのカラーは
「クリアブラック」 をチョイス。
2020010806.jpg

シマノ製のアウターケーブルより
柔軟性があることは触れば容易に感じることができる。


ただし、シフト用のアウターケーブルは
スタンダードよりやや硬めの 「Ver.3」を使用。


10~11速コンポには「Ver.3」がイイ・・・らしい。
スタンダードよりもコイル素線を太くすることで
コイル間のすき間や縮みを減らして剛性を持たせ
ストロークロスを防いでシビアな調整が可能・・・らしい。
それでもシマノ製のケーブルより柔軟だと感じる。


なにより、クリアケーシングの
見た目、艶めかしさがたまらない。
2020010803.jpg

ケーブルを変えたことで
愛車LOOK号 の印象も大きく変わった。


で、だ。

結局。。。
日泉製とシマノ製のケーブル
比較してみるとどうなのか?

フフフ、この私
日泉ケーブルさんのサイトの説明を丸写しして
「・・・とか。」、「・・・らしい。」を使ってる時点でお察し。
自宅周辺をチョロっと走ったけど
私ごときレベルで。。。
シビアな違いなんて分かりません。

趣味のうちの自己満足 と。。。
「引きが軽くなった?」 という
大きなプラセボ効果 で十分である。
2020010805.jpg


結局、どちらが優れてるとかじゃなく
シマノ製 も 日泉ケーブル製 も
それぞれ良いところ、特性があり
最終的には使う人の好み、フィーリングでいいと思う。

私は違いを感じるほどのレベルは持ち合わせていないけど
電動コンポも普及している現在
ワイヤーにこだわった日泉ケーブルさんの「モノづくり」の心意気が好き。

私は自分の愛車に
電動コンポを導入するつもりはない。
もちろん、電動を否定しているわけではなく。
高価で買えないとか、負け惜しみでもなく。
それは。。。
自身の「どうでもいいコダワリ」 なのです。
2020010804.jpg

自転車はもともと人力。。。
自分のチカラで漕いで出かけるもの。
電動よりも。。。
指の動きでワイヤーが引かれ
ガチャと耳に伝わる音と
手に伝わる感触が好き
・・・みたいな。

とりあえず、今回のケーブル換装で
愛車 LOOK号
またひとつ コダワリ が増えたということで。

LOOK号はキツイ取り回しが必要ないのに
本当に日泉ケーブルが必要だったのか?
それは趣味の世界において愚問である。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.