FC2ブログ
自転車メンテ・イジリ

中古【BRUNO】に愛情と手を加える③ 「乗り手に合わすカスタマイズ」

0
乗り手好みの自転車じゃないと
乗り手に合った自転車じゃないと
好きになれないし。。。
愛着も湧くはずがない。
201904br4-00.jpg



え~・・・ 前記事 の続き。

妻の普段乗り用 に購入した
中古の BRUNO MIXTE(ブルーノ ミキスト)に
愛情と手を加える。

とりあえず、前記事で
車体の汚れや経年劣化を修復したので。
今回から。。。
「乗り手に合う自転車」 にカスタマイズしていく。



納車直後の試乗の際。。。
「ちょっと窮屈」 という妻の意見があったので
ステムを交換して アップライドな姿勢 に寄せる。
201904br3-02.jpg

早い話。。。
ママチャリの乗車姿勢に近づけるw
普段乗り用なのだから・・・w


確かに・・・。
妻の股下にサドル高を合わせると
ハンドル と サドル がほぼ同じ高さになる。
201904br3-01.jpg

前傾の乗車姿勢に慣れない人は
懐(?)部分の空間に
「窮屈」という感覚 が生じるかもしれない。



では、作業開始。

ステム等のパーツは
GIZA PRODUKUTS さんのパーツを使う。

「ギザ」「G.P」 などの表記で
よく見かけるメーカーさんである。
お手頃価格 にもかかわらず
意外にも。。。
痒いところに手が届く商品ラインナップであり
非常に有り難いメーカーさんなのである。



ということで。
さっそくステムを交換する。
いわゆる スレッドステム っていうやつ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ギザ HS-C80-2 スレッドステム
価格:1211円(税込、送料別) (2019/5/12時点)




今回は上向きに突き出しのものに交換。
201904br3-04.jpg


サイズ的にはこんな感じ。
201904br3-05.jpg


元のステム(左)と比較すれば
その形状の違いは分かりやすい。
201904br3-06.jpg

ハンドルを 前方上向き に突き出して
アップライドなポジションで
乗車姿勢に余裕をもたせることができる。



そして、ステム交換のついでに。

普段乗り用 なので
何かと必要になってくる 前カゴ。。。
後の工程で バスケット を付ける予定なので
新しいステムと一緒に
予め 取付け金具 もセットしておく。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ギザ オフセット バスケット ブラケット
価格:692円(税込、送料別) (2019/5/12時点)




これが小径車のバスケット用ブラケット
簡単に言えば 「取付け金具」。
201904br3-07.jpg


60mmのオフセット がポイント。
とりあえず、前カゴの取り付けは
次の記事で書くので今回は軽く流しておく。
201904br3-09.jpg



さらに。。。
ハンドル と ステム を外して作業するついでに。

前記事の最後で。。。
これはイケません ・・・と、感じた部分。
あり合わせで取り回したような
この 「赤白」 で残念なケーブルを 「黒」 に交換する。
201904br3-03b.jpg


ケーブルはロードバイク用にストックしてあった
SHIMANOさんのケーブルを使用。

普段乗り用 とはいえ。。。
切り口の始末はキッチリとしておきたい性格。
千枚通し と 細目ヤスリ で仕上げよう。
201904br3-10.jpg



ということで。

すべてを取り付ければこんな感じに。
201904br3-11.jpg


前カゴのブラケットと
カンチブレーキのケーブルの取り回し。
こんな感じでええんかな・・・?
201904br3-12.jpg



とりあえず、ここまでの成果。


【BEFORE】
ステムはこんな感じだったけど。。。
201904br3-13b.jpg

【AFTER】
上方向に突き出した。
201904br3-14b.jpg



【BEFORE】
こんな感じのステムが。。。
201904br3-02.jpg

【AFTER】
さらに、少しだけ前に出た。
201904br3-15.jpg

ステムを上向きにして
現状より若干だけ前に出すことで
上体を起こし懐のスペースを確保する。

これでポジション的には
劇的に アップライド に変わり。。。
見た目の印象もかなり変わる。



そして、交換したケーブル。

【BEFORE】
あり合わせのような配色だったけれど。
201904br3-03b.jpg

【AFTER】
黒のケーブルに金色のキャップを施し
黒金で引き締まった。
201904br3-16.jpg

ケーブルは SHIMANO のロゴが見えるようにセットすれば
カンペキだったかもしれないけれど。
まぁ、バスケットが付くから・・・こだわらないw
もちろん、ハンドルバーは
「ピカール」前記事参照)で仕上げてある。




おやおや?

何故か・・・ここのケーブルが
ブレーキ用みたいな太さである。
201904br3-17.jpg

これはイケません。


こういう規格のケーブルなのかもしれないけれど。
モヤモヤするので。。。
明らかにシフト用のケーブル に交換しておこう。
白系のフレームに使うならまだしも。。。
この明るさのグレーは
ママチャリテイストで、見た目にも安っぽいし。
※個人の感想


左: SHIMANO シフト用ケーブル
右: 取り外したケーブル
201904br3-18.jpg

フム・・・明らかに太い。
何で太いケーブルを使ってたんだろう?

とりあえず。
スムーズな変速を心がけ
少し大きめに取り回して交換&調整完了。
201904br3-19.jpg

ウム、いいんじゃね(自己満足)。



さてさて、次の記事はいよいよ。
ブルーノ号 に前カゴ。。。
バスケットの取付け作業ににかかる。


【検索ワードでこのヘキ地に辿りついてしまった方へ】
パーツの交換は自己責任で。
パーツの規格もイヤーモデルによって
この記事と異なるかもしれないので、ご自身でお調べください。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.