FC2ブログ
自転車メンテ・イジリ

中古【BRUNO】に愛情と手を加える② 「レストア気分」

0
磨けば光るなんとやら・・・。
201904br2-00.jpg



え~・・・ 前記事 の続き。

妻の普段乗り用 に購入した
中古の BRUNO MIXTE(ブルーノ ミキスト)に
愛情と手を加える。

とりあえず今回が 「最初の作業」 。。。

「中古車」 ということもあり
汚れ経年劣化 の状況を把握して
クリーニングやパーツ交換で 「修復」 していく作業。


ではでは、作業開始。

フレーム や チェーン の 「汚れ」 は
それなりに クリーニング してキレイにする。
そして、注油なりワックス掛けで仕上げて完了。


だが、しかし・・・だ。


色んな部分で、錆びが目立って。。。
「見栄え」が悪い。


一番気になる錆びがココ。
201904br2-11.jpg


これはイケません。


ヤグラが結構イカれてるので
シートポスト は思い切って交換する。


この VIVA のアルミポストは
サイズが非常に豊富でお手頃価格。
ブルーノ号の規格は 「26.4mm」。。。
201904br2-12.jpg

・・・なのだが。

サイズが豊富すぎて(?)
最初に、誤って「26.8mm」を購入してしまい
もう一度、購入し直したのはナイショの話w



フム・・・。
やはり新しいものは良い。
201904br2-13.jpg


そして、サドル なのだが。
「BRUNOのロゴが入った純正がいい」
・・・という妻の意見を尊重して
ココは交換せず、クリーニングして使う。
201904br2-14.jpg


サドルの汚れをキレイに落としたあと。。。
レールの錆びは 金属ブラシ で落として
800番くらいの 耐水ペーパー「粗仕上げ」を施す。
201904br2-15.jpg


そして最後の仕上げに。。。
日本磨料工業さんの、ご存知
「PiKAL」ピカール金属磨き を使う。


この 「ピカール」 という商品
小林○薬ばりの分かりやすいネーミングだが侮るなかれ。
ピカール液を柔らかい布につけて。。。
金属をゴシゴシ磨けば ピカピカ になるシロモノ。
※塗装面にはつかえません。
201904br2-16.jpg



次の画像がその「ピカール」の効果。

A: 耐水ペーパー + ピカール仕上げ
B: 耐水ペーパー仕上げのみ
201904br2-17a.jpg

どうですかっ、奥さん !
比べれば分かる、 この輝きの違い !!
ピカールで磨いたほうはピカピカ!
201904br2-18.jpg

フム・・・。
実演販売士並みのアピールw

こんなふうに
効果が一目瞭然の作業は大好き。



ということで、ひと仕事完了。

【Before】
こんなオンボロのサドル周りが
201904br2-11.jpg


【After】
おぉ、こんなにピカピカになった。
201904br2-19.jpg


調子に乗って。。。
他の金属部分も「ピカール」で磨く。

そして、甦る輝き・・・。
201904br2-20.jpg


白錆び が出ていた フェンダー も。。。
耐水ペーパー&ピカール でピカピカになる
201904br2-21.jpg


・・・のだが。

この 白錆び は手強かった。
赤丸部分の作業だけで30分以上かかったw

なので。。。
残りの部分は時間がある時に
少しづつ磨いて、最後にクリア塗装しよう。



さてさて。
他の錆び部分もキレイにしていく。

【BEFORE】
こういうパーツはストック品で交換。
201904br2-01.jpg


【AFTER】
フムフム・・・いいんじゃない。
201904br2-02.jpg



【BEFORE】
細かいところも見逃さない。
気になるので交換しておこう。
201904br2-03.jpg


【AFTER】
ウム・・・。
精神衛生上、非常に良い。
201904br2-04.jpg



そして。
ミキストは 「カンチブレーキ」 なのだが。。。
ユニットリンクが・・・やっぱり錆びている。
201904br2-22.jpg

これはイケません。

いい自転車なんだから
もう少し。。。
愛情をもって乗ってほしかった
・・・と、前の持ち主に言いたい。

ということで。

さっそく、ユニットリンク を手配。



SHIMANO Zタイプ ユニットリンク。
201904br2-23.jpg

前後とも 「B(82mm)」 が使われていたので
現状に従って
Bタイプを2個・・・入手した。
201904br2-24.jpg

前後とも。。。
「B」 で正解なのか分からない。
とりあえず、特に不具合はないので様子見。


ついでにブレーキワイヤーも
ストックがあったので P.T.F.E に交換。
201904br2-25.jpg


交換作業は簡単なので。。。
ササッと済ませ、きれいスッキリ。


【BEFORE】
結構、錆びていたけれど。。。
201904br2-22.jpg


【AFTER】
見た目の印象が随分良くなった。
201904br2-26.jpg



おっと。
フレームとケーブルが擦れてる。
201904br2-07.jpg

とりあえず。
安モノの「フレームプロテクター」なのだが
これ以上擦れないように。
201904br2-08.jpg


フム・・・こんなものかね。
気休め程度だが、ナイよりはいい。
201904br2-09.jpg


まぁ、ココは可動部じゃないので
このガードは本当の気休めw
201904br2-10.jpg



だが、しかし・・・だ。


あらためて見ると
この「赤」と「白」のケーブル。。。
201904br2-27.jpg

これはイケません。

紅白でメデタイ
・・・なんて言うヤツはいない。

シフトケーブル も グレー が使われていて。。。
言っちゃ悪いが
あり合わせを使ったようで
まったくセンスがないw
※個人の感想


ワイヤーを入れ替えて
ケーブルにプロテクターまでセットしたのだが。
どうせ、次の作業でハンドルを外すので。。。

そのついでに
ケーブルを交換しよう。


ウム、面倒だけどやっぱり。。。
自転車イジリは楽しい。
私の自転車じゃないけれどw


【検索ワードでこのヘキ地に辿りついてしまった方へ】
パーツの交換は自己責任で。
パーツの規格もイヤーモデルによって
この記事と異なるかもしれないので、ご自身でお調べください。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.