FC2ブログ
大阪南部

【2019年1月】大阪/河内長野市『古民家喫茶 ロー蘭』 おにぎりモーニング

2
古民家、囲炉裏、火鉢。。。
冬の最強アイテムがそろう。
201901-r00.jpg



前記事 「滝畑ゆるポタ」(⇒コチラ)で立ち寄ったお店。

大阪府河内長野市
『古民家喫茶 ロー蘭』 さん
201901-r01.jpg
お店の情報は ⇒ コチラ

古民家「カフェ」 ではなく、古民家「喫茶」である。
ウム・・・お店のコダワリと馴染みやすさを感じる。


昨秋。。。
和歌山から紀見峠を越えて帰宅する際
通りがかりに見つけてチェックしていたお店。
国道371号沿いのお店なのだが
大阪から和歌山に向かう場合は意外に見逃しやすい。
201901-r02.jpg


お話を訊けば、昨年9月にお店を始めたとのこと。
なるほど・・・。
見つけたときはオープンしてすぐだったのか。
ということで。
ようやく、今回が初訪店である。


サイクルラックは前日に届いたばかりの新品。
使うのは私が一番最初の客だと言っていた。
ウム、お店の歴史に名を残せたw
201901-r3.jpg

とはいえ。
原チャリが停めてあったので
ラックに掛けて停めれなかったのはご愛敬。
まぁ、地球ロックするには十分である。


この焼き印。。。
河内長野ではお馴染みのラックである。
201901-r4.jpg


さて、現在時刻は AM9:30 。
今回の訪店は
モーニング目当てと最初から決めている。
201901-r5.jpg



おぉ。。。
なんとも趣のある玄関ではないか。
ワクワクが止まらない。
201901-r6.jpg


では、入店。


暖簾をくぐると
古民家特有の広い玄関があり。。。
厨房の奥から・・・いや、あえて「台所」と言おう。
台所から 「いらっしゃいませ」 と迎えられる。


店内は趣を残しつつ。。。
リノベーションされている部分との調和がステキ。


この雰囲気・・・好き。
201901-r7.jpg


フフフ・・・ほっこりアイテム発見。
この時点でしあわせになれること確定である。
冬の古民家&囲炉裏、火鉢は最強タッグ。
201901-r9.jpg

フロアは畳敷き。。。
もちろん、玄関で靴を脱ぐスタイル。
この時期の自転車乗りは
シューズカバーとか非常に脱着が面倒なのだが。
その面倒にも勝るしあわせがココにあるに違いない。



さてさて、先客は2組。
おひとり様の私はどこに座ろうか

…と、店内の様子をうかがっていると。

「こちらにどうぞ」 と、スタッフさんが案内してくれた。
201901-r8.jpg


自転車で身体も冷えているだろうから・・・と
火鉢の横の席に案内してくれたのだ。
「特等席」である・・・有り難い。
女性スタッフさんの姿が
私を天国に導いてくれる天使に見えた。
201901-r10.jpg

わざわざ。。。
火鉢に近づけてくれたテーブルに着く。

はわわ~ぁ、ほっこりする。

あたたかい、お店もスタッフさんもあたたかい。
身体だけでなく
ココロまでも温まる空間。




ではでは、注文おば。


モーニングは2択。
考えるまでもなかろう。
「おにぎりモーニング」をよろしくどうぞ。
201901-r11.jpg



待つことしばし。



キタよ、コレ。
「おにぎりモーニング」
201901-r12.jpg


あぁ、良い。
良いんだよ・・・これで。

コメ、味噌汁、ダシ巻き。
そして、たくあん&梅干し を従えて。。。
ザ・ジャパニーズ朝ごはん。
これである。



メインのおにぎりは小さめ。
ゴマ塩ちゃん と ゆかり®ちゃん?・・・可愛く鎮座。
201901-r13.jpg



では、いただきま。



これは、ひと口サイズ(当社比w)。
パクッとイッキに口内に運ぶ・・・至福の動作。
201901-r14.jpg

あぁ、コメである。
咀嚼行為で塩味から甘味に変わる。
この塩梅、安心感は絶大。
フム。。。
DNAに訴える味とはこれである。
この国に生まれたしあわせ。


ここで、たくあんに移行。
ポリポリと響く骨伝導サウンド。
良い・・・良いに決まっている。
201901-r15.jpg



続けて、ダシ巻きもいってみよう。
フフフ・・・三角カットは珍しい。
201901-r16.jpg


おっと。
プルプルと踊るダシ巻き。
ダシ巻きが震えているのか
それとも私の手が震えているのか。
201901-r17.jpg

ダシ巻きの味付けはやや濃いめ。
これくらいでいいのだ。



さてさて。
待たせてゴメンね、ごま塩ちゃん。
やっぱり、ひと口サイズ(当社比)でパクッ。
201901-r18.jpg

ごま塩のダイレクトな塩味から
咀嚼行為によって甘味に変わる・・・リターンズ。

あぁ、美味しい。
コメの歴史において。。。
おにぎりを最初に握った人に感謝状を贈りたい。
コメ文化万歳である。


いつも私は。。。
最後の〆に味噌汁をいただくのだが。
さすがにフルーツのあとの味噌汁。。。
これはイケません。

ここは日本の朝ごはんの流れで。。。
フルーツより先に味噌汁をいただく采配。
流れを重視したこの采配に間違いはない。
和食とはそういうもの、トータルで完成するのだ。
201901-r19.jpg

おっと。
思いのほか具だくさん。
大判小判ザクザクと
埋蔵金を掘り当てた気分である。
201901-r20.jpg

ズズッ・・・ゴクリ。
熱い味噌汁が食道から胃袋に注がれる。

はぅ・・・沁みる。
身体とココロ。。。
胃袋の奥底まで沁みる。


あぁ、しあわせだ。
味噌汁・・・大好き。


さぁ。。。
もう止まらない、止められない。

まだアツアツではあるが
味噌汁をイッキに胃袋に流しこむ。



さて、最後は
さしずめ食後のデザートか。
201901-r21.jpg


美味しいものは、美味しいうちに・・・がモットーの私。
いつも通り。
他の2組を寄せ付けない圧倒的な速さで
アッと言う間の完食である。
201901-r22.jpg


ふぅ、満足である。


おっと。
絶妙のタイミングでセットのコーヒーがサーブされた。
201901-r23.jpg

古民家と、お店の看板とロゴ。。。
そして、このカップのデザイン。
一見、アンバランスなようで
実は非常にマッチしていてステキだ。


フルーツ、コーヒーと続き
「和」から「洋」に移行してしまったが。。。

最後はやっぱり。

「熱いお茶をどうぞ。」 ・・・とおもてなし。
201901-r24.jpg

あぁ、ジャパニーズティ・・・お茶。

スタッフさんとお話をしながら
アツアツのお茶をいただく。

ズズズ・・・。
古民家の囲炉裏、火鉢の横で
他愛のない話をしながらお茶をすする。
冬の最強アイテムたちが寄ってたかって
しばらくはココから動きたくない気分にさせる。


ふぅ・・・。
お茶を飲み干して終了。

あぁ、美味しかった。

とてつもなく大きな満足感に包まれ
幸福の真っただ中にいる私。


どうも。
ご馳走さまでございました。


おっと。
席を立とうかというときに
本日の「ランチメニュー」 が更新された。
それまで表記してあった
「天ぷら&肉みそ大根」は前日のメニューだったのか。
201901-r25.jpg

なるほど。
本日は「煮込みハンバーグ」 か。

それ魅力っ!
フム・・・これはイケません。


いっそのこと。。。
ランチタイムまで居座るか?
フフフ・・・。


しばらくすると。。。
台所から煮込みハンバーグを仕込む香りが漂ってくる。
その美味しそうな香りに後ろ髪を引かれる思いも。。。
丸刈りの私に後ろ髪などないことを思い出すw

さて・・・と。
居心地良すぎて動きたくはないが席を立つ。

好きだなぁ。
こういうカフェ・・・いや、喫茶店か。

身もココロもほっこり温まることができた・・・有難う。
今度はランチタイムに来よう。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


「古民家喫茶 ロー蘭」
【営業時間】 7:30~17:00
(モーニング 7:30~11:00 ランチ12:00~14:00)
【定休日】 木曜日
【サイクルラック】 あり
【その他情報】
お家のなかでホッコリする感じのお店なので
ワイワイガヤガヤはつつしみたいところ。
お店の雰囲気から1~4人くらいが適当かと。
駐車場はお店から離れた場所にありますので
案内板などで要確認。

当ブログのカテゴリは
「食べ歩き」ではなく「自転車」です・・・念のためw

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.

hide@

お久し振りです。
この店絶対行きますわ!朝ごはんめっちゃ理想な内容です
うーん、早く行ってこよう

  • 2019/02/09 (Sat) 14:27
  • REPLY
ちゃま

ちゃま

Re: hide さん

コチラからだと、トトロ街道入口手前の交差点にありますよ。
やっぱり、日本の朝はコメですよねぇ。
お店の雰囲気も良かったので是非(^_^)

コメント有難うございました。