FC2ブログ
雑記

らしく、細く長く、変わりなく・・・か。

0
新年最初の記事。。。
自転車とは全く関係ない内容。
フム・・・今年も実に 「らしい」 ブログである。
2018123100.jpg



我が家の年末は
年越しそば ではなく 年越しうどん

もちろん自家製麺。

実は 「手打ちうどん」 って。。。
時間 があって
配合 と 工程 をちゃんと守れば
誰でも簡単にできるのである。

それなりに出来てしまうと
次は「自分の好み」が生まれるので
結局、うどんの作り方は人それぞれ。
同じ人が作っても、その時々で変わったり。
いつぞやも記事にしたけど。。。
今回の記事はワタクシ流のうどんの作り方。

えぇ。。。
今現在の「自分メモ」であるw



12月31日(月)
全国的に大晦日である。

昼一から 年越しうどん を仕込む。

今までは。。。
吉原食糧さんの 「白鳳」 を使ってたけど
送料が上がったので
木下製粉さんの 「讃岐すずらん」 に粉替え。
2018123101.jpg


ASWAustralia Standard White)
オーストラリア産 日本向けうどん用小麦を用いた中力粉。
国内産より出来は安定するし
うどん屋さんでも、国内産よりASWのほうがシェアが高い。
2018123102.jpg


今回は 小麦粉 400g に対して
塩 21g + 水 189g = 塩水 210g

これは私の「冬」の配合
塩水濃度 10% 加水率 52% になるように計算したもの。

手打ちうどんの配合は
本当に化学実験並みの配合であるw

ちなみに。。。
夏は 塩水濃度 13% くらいにしている。

そして、さぬき風の場合
一般的に加水率は 50% くらいだけど
私は 52%前後 にしている。
2018123103.jpg


出来上がった塩水はかなりしょっぱいw
この高濃度の塩水でできたうどんの塩分は
茹でてしまえばほとんど抜ける。
2018123104.jpg


ということで。

まずは粉と塩水を混ぜる 「水合わせ」
この段階では捏ねずに撹拌感覚で。
最重要工程につき
作業に集中するため撮影は割愛。



5分程度混ぜたら
やや黄色く、そぼろ状になる。


軽くまとめて、乾燥しないように
ビニ―ルをかけて5分程度寝かす。
2018123105.jpg


そのあと。。。
テキトーに「踏む」 とこうなる。
2018123106.jpg


長方形になるように
四方を折ってから踏むとこうなる。
2018123107.jpg


正方形になるように
四方を折ってから踏むとこうなる。
2018123108.jpg


丸めてビニールに入れて「寝かす」
今回は 室温 13℃ 。
毛布にくるんで 3時間半ほど静置。
ちなみに 5℃以下で寝かせても、熟成は進まないと聞いている。
2018123109.jpg


「延ばし」て。。。
それをたたんで「切る」
私は「角出し」が下手なので
いまいち正方形に延ばせないw
2018123110.jpg


この段階で確証ないんだけど
今回はなかなかの出来・・・である。
2018123111.jpg


さて。
年越しまで時間があるので
切れ端をサッと茹でておやつに。
2018123112.jpg


茹で揚がったらアツアツのまま
ごま油 でいただく。
2018123113.jpg



では、いただきま。


フムフム・・・。
コレ、シンプルなのに美味しい。
いや、シンプルだから良いのか・・・なかなかイケる。
2018123114.jpg



そして夜、年越し本番。

たっぷりのお湯で「茹でる」
踊るうどんにココロも踊る。
2018123115.jpg


釜抜きで直接、器に入れる。

バター生姜 を添えて
軽く ブラックペッパー をアクセントに。
2018123116.jpg


妻と息子がお気に入りの
「釜バタージンジャー」 の出来上がり。
ダシ醤油 を回して召し上がれ。
2018123117.jpg


そして私は。。。

器に玉子を軽く溶いて
2018123118.jpg


うどんを釜抜きで器に入れて
クチュクチュ混ぜて正統派 「釜玉」 の完成
・・・と、思いきや。
2018123119.jpg


そこにアツアツのダシを注いで。。。
一度やってみたかった
「釜玉かけ」うどん のできあがり。
2018123120.jpg


では、いただきま。


はぁ~・・・。
身体の芯から温まるわぁ。
2018123121.jpg

自己満足であるが。。。
良い、美味しいぞ。

人生も、趣味の自転車も
うどんのように細く長くありたい
・・・と思いながらうどんをいただく。

1年の締めくくりに
私のうどんを家族3人ですする。
あぁ、しあわせだ。


ということで。
毎年同じように、のんびりした感じで過ごす。
でも、その 「毎年同じ」 ということが。。。
そう、変わりなく ・・・ということがしあわせなのかと。
そんな風に感じながらの年越しと正月であった。


さてさて、新年です。
明日からまた仕事だけれど。
今年もまた休日には自転車に乗って
美味しいものを食べに行こう。

この僻地ブログで
今年もヨロシクお願い申し上げます。


去年はできなかったけど
お休みが合えば、ご都合よろしければの「どうで走」。。。
また、みんなで美味しいもの食べに行きたいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.