FC2ブログ


成長する者、衰えていく者。。。
2018082600b.jpg




8月26日(日)
実は家族で金剛山に登っておりました。

と、言いましても。

今回は。。。
ロープウェイで贅沢登山。
2018082651.jpg


南大阪のヒルクライムコース
『金剛RWコース』 の 「RW」 はロープウェイのこと。

コースのゴール地点の駐車場に車を停めて
しばらく歩けばロープウェイ乗り場がある。
私、金剛山の ロープウェイ に乗るのは意外に初めてだったりする。

ただし。。。

山上の 「金剛山駅」 から 山頂 までは
結構、歩いて登らないといけなかったという
ダマされた感満載 のロープウェイであったw
2018082653.jpg



実は4年前。。。
2014年8月 にも金剛山に登っている。
2014081604b.jpg
この時はちゃんと自分の足で登ったw


あれから4年。。。
同じ場所での撮影である。
201802652.jpg

フム・・・息子様の成長。
対して・・・この先、衰えるだけの私である。


・・・ということで。

金剛RW をキーワードに
またも強引に自転車ネタに持ち込むw



8月29日(水)
毎度毎度の 水曜平日休 である。

天気予報はというと。。。
2018082901.jpg

真っ赤に燃えた太陽だから。。。
昼間に自転車に乗ってはイケない日。


朝のうちにサッサと走ってしまおう。
目指すは 金剛RWコース だ。

坂は大キライやけど。
衰える一方の私、しかも2カ月のブランク明け。。。
ヒルクライムコースを使って
自分のぺダリングの確認をしたかったのだ。
前記事同様、ロードバイク出直し。。。
1から 「ぺダリングのお勉強」 やり直しである。


では、登りま。


とりあえず。
アウター&25T 固定、シッティングオンリ―で登る。

少しトルクをかけるほうが
ペダルへの入力ポイントが確認しやすい。
少々重めのギヤを
チカラではなく、コツで回せることを目指している。



私はもともと、モヤシのように細い 貧系の脚 である。
限られたパワーを。。。
いかに効率的に、最大限に使うかがミソ。

レースやタイムに無縁の人なので
ラクに楽しく走るため のお勉強。



私がパワーを逃がさないように心掛けていることは2つ。
パワーメーターはモチロン装備していない。
ケイデンス計すら装備していない。
そんな私だから実にシンプルなこと 2つ である。


1つは。。。
ペダルが上死点を通過するときに
カカトが下がらないように気を付ける。

そのためには。。。
膝と太腿を高く上げるイメージである。
これはペダルを上死点で止めて
カカトを上下に動かしてみると
そのときの膝の高さの違いが良く分かる。

極々当たり前のことである。
ブランク明けの私にとっての 自分メモ なので勘弁。


2つ目はペダルへの入力ポイント。
入力ポイントは上死点からほんの僅かの区間のみ。
必要以上に入力すれば(踏めば)、それはパワーの浪費。


これも当たり前のことである。
自分メモ なので勘弁。

ペダルの入力について
ワタクシ的に分かりやすいと思ったのは。。。
いつぞやの雑誌で見た 宮澤崇史さんが言ってたイメージ。

水に浮かんだ何本もの丸太の上を
チョンチョンチョンと走るイメージ。


踏んだ丸太が沈む前に、次の丸太に移る。
自転車なら。。。
右足が上死点を通過する時点で
左足を意識するくらいの感覚・・・か。

私のような非力なライダーは
カカト入力ポイント を意識することで
パワーロスをかなり軽減できる。
限られたパワーを
効率的に使って、長持ちさせる。
ラクに、楽しく走れるというわけだ。

あと、ぺダリングについては
私は インソール も活用してる。
私はぺダリングが上手いとは言えないので
自分の足にフィットさせるソールでは意味がない。
逆に 矯正するインソール を使用している。
パワーの伝達もさることながら。。。
膝の上下軌道なども修正すれば故障も減る。
私のインソールが気になる方は。。。
2017年9月30日の記事 ⇒ コチラ

ぺダリングについては
あくまで個人的に心掛けているだけなので
それが正しいとも、必ず成果があるとも限りません。



さてさて。

少々のトルクをかけて
確認しながらゆっくり回して、ゆっくり登ってゴール。
とりあえずは、アウター縛りのまま登れた。
言うても コンパクト&25T やけどw
2018082902.jpg

あーしんど。
やっぱり、坂は大キライ。


では、下りま。

下りも登り同様ゆっくりと。
ロードバイクの細いタイヤで
下り坂を安全に停まれる速度を考えると当然。


さて。
そのまま帰ろうかと思ったけど。
いつもの お散歩コース で補習w

いつもの場所 MTD だ。
そう、持尾「の」展望台。
2018082903.jpg
毎回、言い直すならアルファベット表記はやめればいい
・・・と、いう意見はいつものように受け流す。


では、下りま。


暑くなってきたので今度こそ帰宅。
距離の割に登り過ぎたか(当社比)。
2018082904.jpg


距離:54.4 km 登り:923 m Ave.:20.9 km/h
2018082999.jpg


Ave.20.9km/h・・・今回もゆっくり。
まだまだ、出直し中だが。。。
胃袋は完全復活してるので
汗がマシな時期になったら
また美味しいものを食べに行こう。
やっぱり。。。
汗だくで飲食店に行くのは気が引けるので。


ちなみに、私は。。。
坂キライ教の教祖様と崇められる男である。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最新記事