あなた好みの、あなた好みの♪
・・・とは言われてないけど。
201803-ba-00.jpg



IDIOM2「フロントダブル」「リア10速化」
今回は最終回・・・完成編。

・・・と、いきたいのだが。

ビフォーアフターの前に
もうちょっとだけお付き合いいただこう。



実は。。。
今回のコンポ換装のついでにタイヤも交換した。

現行モデルの IDIOM の標準タイヤは
「20×1-1/8」(28-451) が使われているが
私の2011年モデルの IDIOM は
「20×1」(23-451) の極細タイヤが標準装備だった。

IDIOM を気に入った理由のひとつが
その 極細タイヤ だった。
なので、購入からずっと
「20×1」(23-451) にこだわって交換してきた

・・・のだが。


通勤はウェットな路面状況でも走るので
極細のスリック気味のタイヤで
スリップ転倒3回
そして。。。
転倒未遂のスリップは数えきれない ほど経験。
決して、スピードを出しているわけではない。


大ケガをする前に。。。
要らぬコダワリは捨てよう。


そして、やっぱり...
極細タイヤは乗り心地も良くない。

ということで。

今回のコンポ換装で
タイヤサイズの変更を決意した。


現行モデルの IDIOM と同じ
「20×1-1/8」(28-451)に変更してみた。
コレ、TAIOGAさん の安価なタイヤ・・・スチールビードのん。
201803-ti01.jpg


フム・・・比較すると確かに太い。
201803-ti02.jpg


しかしまぁ。。。
ラジアル感がハンパないw
201803-ti03.jpg

とは言え。
このBMXにも使用されるタイヤにしたことで
少々ウェットな状況でも安心を得られる。



さてさて。。。
これで全ての作業を完了したので
その全貌をビフォーアフターで見ていきましょな。



コンポは10速、基本的に
Shimano「105」(5700系)
CLX号「お下がり」 でまとめた。


【シフトレバー】 Cralis(2400) ⇒ 105(5700)
【ハンドル】 Ritchey(?)⇒ FSA「OMRGA」
ハンドルは私好みのショートリーチになった。
バーテープの1本巻きも随分上達した・・・と思う(自己満足)。
201803-ba-bar.jpg


バーテープもそうだけど
ワイヤリングも上達した・・・と思う(自己満足)。
やっぱり、触角がないとスッキリする。
201803-ba-f.jpg
バーテープもワイヤリングも、4年前がヒドすぎるという話ww



【ブレーキ】 Tiagra(4600)⇒ 105(5700)
Cralis&Tiagra 組みと比較して
オール105 は相性と効きが違うという安心感。
タイヤも太くラジアルに。
201803-ba-br.jpg



【クランクセット】 FSA「TEMPO」⇒ 105(5700)
【Fディレイラー】 新設 105(5700)
コッタレスから「ホローテックⅡ」に。
この部分だけでイッキにグレードアップした感が増す。
201803-ba-fc.jpg



チェーンもCLX号のお下がりで
「105」グレードのチェーンを使おうと思っていたが。。。
せっかく(?)なので新規導入 CN-6701
201803-ch.jpg


白い車体のクランク周りにはシルバーが似合う。
ウム・・・良いわ(自己満足)。
201803-ba-ch.jpg



【ペダル】 ノンブランド(?)⇒ 三ヶ島「IC-LITE」
キラキラ、ギラギラはあまり好きではないがコレは別。
良い・・・見た目が実に良い(自己満足)。
201803-ba-pd.jpg
安価なペダルだが・・・
見た目がいいだけでなく、回転もそこそこ良い感じだ。



【Rディレイラー】 2300系 ⇒ 105(5700)
ケーブルの取り回しも少し大きめにして
ストレスなく、スムーズな変速を心掛けた(自己満足)。
201803-ba-rd.jpg



ではでは。
全体のイメージをば。




【BEFORE】
201803-ba-b.jpg




【AFTER】
201803-ba-a01.jpg


あれっ!?
あんまり変わらん?



いや、見た目ガチガチではなく。。。
「よく見たら、105 やん。」
・・・と、思われるくらいで良いのだ。


コンポの性能はエントリークラスのロードバイクと同等。
結構、グレードは上がったと思う。
これからは通勤以外にも
IDIOM号の活動域を拡げていこう。
それが今回の目的だったのだから。


カッコええよ。
ウム・・・良いわ!(自己満足)
201803-ba-a02.jpg



私が購入したのは「IDIOM2」 なので
IDIOMのラインアップでは最下級グレード。

でも、コンポに限っては
今回の進化で。。。
最上級グレード 「IDIOM0」 を上回り
優越感に浸っている
(自己満足)。
まぁ、コンポはフレームとの釣り合いもあるので
IDIOM は105グレードがギリギリのところか。



愛車の乗り方、考え方が変わるたびに
自分の意思や、技術に合わせ
手を加えてグレードアップしていく。

ときには グレードダウンもあるかもしれない。

そうすることで。。。
常に「自分好みの自転車」であり続ける。

だから、おのずと。。。
その自転車との付き合いも長くなる
・・・ということ。


フフフ。
そうして愛着もわくのです。
・・・というか。
もともと IDIOM2 はそういう自転車なのかもしれない。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TIOGA タイヤ パワー ブロック 20"×1-1/8"
価格:1555円(税込、送料別) (2018/4/18時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミカシマ IC-ライト シルバー ペダル
価格:1902円(税込、送料別) (2018/4/18時点)



これにてIDIOMの2次進化完了。
3次進化はIDIOM購入10周年記念にする?
フォークとかホイールの交換とか・・・?

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最新記事