FC2ブログ


名残惜しいけど。。。
これが 「最後の注文」 。
麺1本、ダシ1滴まで五感に記憶させるがごとく
さぁ・・・すすりなさい。
20180221k-00.jpg



2月21日(水)
前記事、CLX号の 「テストライド」(⇒コチラ) を終えて
IDIOM号 でちょいと出かける。

某施設の駐輪場に停めてお買い物。
こういう公共駐輪場にも気軽に停めれる仕様。
周りの自転車と比べてサドルの高さは異様w
2018022106.jpg


お買い物のあと立ち寄ったお店
いや、お買い物よりコチラがメインだった。

讃岐手打ちうどん『かもめ』 さん(大阪/堺市東区)
20180221k-06.jpg
食べログは ⇒ コチラ


南海高野線 北野田駅から徒歩3分。
カウンターだけの・・・決して広くないお店。

「うどん巡礼」の 札所 になるくらいなので
関西うどんマニアにはよく知られておりますが
お昼時、買い物ついでの地元の奥様方でも賑わうお店。
あと・・・意外に1人で来店する高齢の方も多いのは
どこか懐かしいお店の雰囲気ゆえか。


私が初めて訪店したのは 2015年10月 のこと。
以来、何杯のうどんをいただいただろう。

自宅から遠くないので
コトあるごとに足を運んだつもりでも。。。
まだ 2年4ヶ月 しか通ってないのか。

えぇ。。。
「まだ2年4ヶ月しか」 という気持ちでイッパイ。


というのも、コチラのかもめさん。
平成30年2月26日の
営業ををもって閉店いたします。

20180221k-05.jpg


私の師匠のツイートで閉店を知ったのですが
予期せぬ閉店情報に驚きを隠せなかった。

まぁ、非常に残念な話しだが。。。
こればっかりは仕方あるまい。


自宅から遠くないとはいえ
スケジュール的に
私が、かもめさんに来れるのは今回が最後。
気持ちの整理をつけるための訪店。


暖簾をくぐり、1列に並んだカウンター席を見ると。。。
ちょうど真ん中あたり、1席だけ空いていた。
まるで、私が来るのを待っていたのかと勘違いしてしまう。


その席に着き。。。
私の・・・かもめさんでの 「最後の注文」 を伝えます。


ラストオーダー・・・。
『てんぷら』 うどん(冷かけ)
(名残を惜しむため・・・) 「うどん大盛り」 で。
20180221k-20.jpg
出典: 食べログ


ふぅ。。。
言い終わったあとの寂しい気持ちは何?


だがしかし。
店員さんからご主人にオーダーが伝えられると
・・・予期せぬ一言が返ってきた。

「すいません。今、ひやかけ用のダシがなくて・・・。」

フム、仕方あるまい。
少々心残りではあるが 「あつあつ」 でも全く問題ない。


そしてサーブされた
私にとって最後のかもめさんのおうどん。
温 『てんぷら』 うどん(大盛)
20180221k-01.jpg

大盛り用の器のスケールは
天ぷらをはじめとする周りのモノをミニチュア化してしまう醍醐味。


では、感謝して。。。
最後のおうどん、いただきます。


まず、ダシを口に含む。
20180221k-02b.jpg

あぁ、これ・・・これな。
とても美味しい。

初めて、かもめさんのダシをいただいたときの感動を思い出す。
開店当初はもっとイリコが前面に出てた
・・・なんて話も聞きますが、私は知らない。

私の知るかもめさんのダシは
イリコを感じながらも非常にうまくまとまって
讃岐のコダワリ を残しつつも
地元の奥様方や高齢の方の口にも
まったく違和感なく、すっと馴染む絶妙なバランス。
注文の都度、温めるダシは煮詰まり感もなく優しい。
こんなダシができるんやね・・・と思ったダシ。


うどんは コシ や グミ感 というより
程よい弾力を残し、モッチリ と。
20180221k-04b.jpg

粉は私も利用している吉原食糧さんから入れてるのかな
・・・店内に「袋」がディスプレイしてあるし。
ディスプレイの袋は 「白鳳」「さぬきの夢」
ASWの「食感」と、国産の「香り」・・・良いところを生かすブレンドなんかな?


天ぷらもなかなかの揚がり具合です。
20180221k-03b.jpg


最後のうどんを
目と舌と脳に記憶させながら
じっくり味わっていただく。

でも、悲しいかな。。。
たとえ大盛りでも、ゆっくり食べても
私の場合、器の底が見えるまで
たいした時間を要さない。
あぁ、もっと時間がゆっくり流れればいいのに。

黄金色のダシを飲み干し、器の底を見つめる。

あぁ・・・終わった。


最後だから・・・と、長居もしない。
いつも通り淡々と。

ただ。。。
いつもはカウンター越しにご主人に
「ごちそうさま。」
・・・と、だけ伝えて席を立つのですが

今回はシャイな私の。。。
精一杯の気持ちを振り絞って
「美味しいおうどんでした。」
・・・と、付け加える。

「ありがとうございました。」
と、カウンターの向こうから2人の笑顔と声が返ってきた。
あぁ・・・温かいな。
なんだろう? 何回もココに来てるのに
ご主人と目を合わせたのは初めてのような気がする。


閉店しても。。。
とりあえずは、移店などではないとか。

また、どこかで。。。
秀逸のダシ・・・
いや、さら磨き上げられた黄金色のダシと
再会できることを願いつつお店を後に。


数歩進んで・・・。
最後に、もう一度だけ振り返って
そこに かもめさん がある風景を
目 と ココロ に焼き付けておく。

どうも
ご馳走さまでございました。
美味しいうどんを有難うございました。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


讃岐手打ちうどん 『かもめ』
【店舗情報】
※ 2018年2月26日をもって閉店

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最新記事