FC2ブログ


6シーズン履いた SiDI「GENIUS 5PRO」 から
「GENIUS 7」 に履き替えたのは5ヶ月前。。。
えぇ、今年の春のことでございました。
2017100200b.jpg
その時の記事は ⇒ コチラ



GENIUS「7」 「5」 の後継モデルということもあり
クリートのセットは
「目視」 だけでセットしておりました。


私の場合・・・と言うか。
SiDI のシューズの場合。。。
クリートのセットは
難しく考える必要がないんです。

※個人の意見


SiDI のソールには 基準線 があるんです。
他のシューズは知らんけどw
2017100201.jpg


その 基準線に「クリートの中心」を合わせ て初期セット。
あとは実走で
フィーリングを確認しながら微調整 すればOKなんです。

母指球、小指球、ペダル軸・・・
いろいろ考慮してセットしても、ほとんどの場合
結果的に基準線付近のセットになる
・・・と、思いますので
初期セットは 基準線 でいいんです。
※個人の意見


私の場合、基準線で初期セットして
実走によるフィーリングで
基準線から1目盛りカカト寄りに微調整。
そして、さらに実走で。。。
足の外側だけ、もう1目盛りカカト寄り にセットした位置。
そう。。。
この目盛りの位置(黄印)
その2点を結んだラインに クリートの中心線 を合わせると
シックリくるんです。
2017100201-2.jpg


SiDI のシューズなら
もう、分かってるので
クリートセットは目視。。。
そう、この位置でいいんです。



・・・と、言ってしまえば
いつも以上に 雑な記事 になりますので

まぁ、前記事の通り。。。
せっかく 「currexSole」 のインソールを導入したのでね。
2017100202.jpg

『快適ライドは足元から』 ということで
基準線を使わない
「クリート位置の導き方」も記事にしときましょ。


あっ・・・でも、
先に言っておきますけど。

結果的に先述の通り。。。
基準線にクリートをセットして
フィーリングで微調整した位置(黄印)になりますので。




ではでは。

完全にリセットいたしますので
え~・・・全バラシです!
2017100203.jpg


とりあえず、人それぞれ
「乗り方」 「個性」 によって違う のですが。。。
よく言われる 『標準的なセット』
母指球 と 小指球 を結んだラインに
ペダル軸がくるようにセットする
・・・って感じ。
2017100204.jpg



では、やっていきましょ。

私が最も 「合理的」 だと思ってる方法を紹介しておきま。
色んなサイトで紹介されている方法でございます。


まずはシューズを履いたときの
「母指球」 「小指球」 の位置の確認。

たまにシューズに足を合わせて
母指球と小指球の位置を確認する画像を見ますが
実は。。。
「インソール」で確認するのが
一番、手っ取り早い。



まず、インソールを取り出し
その上に足を乗せて。。。
母指球と小指球の位置をマーキング いたします。
2017100205.jpg


インソール をシューズに戻して
シューズの外側。。。
母指球 と 子指球 の位置になるであろう部分に
大きめにマスキングテープを貼っておきます。
2017100206.jpg


そして、シューズの中に手を入れて。。。
インソールの「マーキング位置」でシューズの内側を押します。
2017100207.jpg
指の腹ではなく、爪の先端で押すほうが
ピンポイントで正確な位置がでます。


シューズの内側から押した位置を
外側で確認してマーキング いたします。
2017100208-1.jpg


そのマーキングから
「ペダルが3時の位置のソールの角度」
垂直になるようにソールまでライン引く
2017100209-1.jpg
画像はシューズの形状と撮影の加減で
垂直になってませんがご容赦くださいなww


2017100209-2.jpg



そんな感じでソールまで引いた母指球&小指球の位置
その2点を結ぶライン(赤線)
そのライン(赤線)の中心(青印)を通るように
ソールの目盛りと平行に引いたライン(黄線)
2017100220.jpg


要するに。。。
画像の「黄色いライン」に
クリートの中心線を合わせてセット
すれば
おのずと
母指球&小指球のライン上でペダル軸が合わさる わけでございます。

これが・・・母指球、小指球、ペダル軸から導き出した
「私の」初期セットの位置 でございます。


ほぉ~・・・ソール側のセット位置は分かった。
じゃ、じゃ、じゃぁ。。。
そこに合わせる 「クリートの中心線」 ってどこなん??


SPD-SL のクリートの場合
ココ・・・見てください。
左右に小さな 「くぼみ」 があるんです。
2017100211.jpg
老眼鏡なしでは見づらいんですけど(泣

その 左右のくぼみ
先述の黄色のラインに合わせてセットすればいいんです。


あとは。。。
実走のフィーリングで微調整 すれば完了ですな。



今回の作業。。。
もう、私は微調整後の
「フィーリングの良い位置」 が分かっておりますので
その位置でセットいたします。


えぇ、そーですよ。
お気づきでございますか?



記事の最初で。。。
基準線に初期セットをして
実走で微調整した結果
「私はこの位置でセットするとシックリ・・・」
・・・と、言っていた位置(黄印)
2017100201-2.jpg


そして、まどろっこしい作業で割り出した
母指球&小指球を結んだライン(赤線)
2017100221.jpg


えぇ。。。
ほとんど同じ位置になるんです。
※私の場合


ちなみに、この 「私のクリートの位置」
ペダリングの際。。。
微妙に 内股 になるセット でございますな。
まぁ、SPD-SLの 「黄色クリート」 はアソビが大きいので
ホント、気持ちだけのものですけどね。



ではでは。。。
クリートをセットいたしましょ。

固定ボルトには「緩み防止剤」を施しておきましょ。
以前は固着防止で 「グリス」 を塗ってたけど
果たして、どっちが良いのか??
2017100213b.jpg
固定ボルトが緩んで脱落したら
足をひねっても、クリートが動いて。。。
ペダルから足が離れない危険もございますから
しっかりと留めて、常に点検しておきましょう。
ちなみに私は脱落経験者ww


ホイ、左右とも同じ作業で完了。
2017100214.jpg



ということで。
currexSole を導入して
クリート位置も再確認して
テストライドをしたのが前々記事(⇒コチラ)でございました。
2017092704.jpg
インソールが変わって
クリート位置も再度、微調整が必要かな
・・・と、思いましたが
私はそんなにデリケートではなかったようですww




そして、前記事(⇒コチラ)で書いたように
CurrexSole導入で期待することは
・膝関節等の故障予防
・疲労軽減
・パフォーマンスの向上


・・・で、ございますが。

鈍感な私がテストライドで実感できたのは
シューズのフィット感が劇的に変わった
ってことくらいです。

・・・が。

その 「フィット感」 こそが
期待した全ての効果を引き出すんじゃないかと。
2017092901.jpg


『快適ライドは足元から』
膝痛などでお悩みの方
ポジションやクリート位置の変更で解消できなければ
インソールを変えてみるのも 「アリ」 かもしれません。
痛みの原因は色々あるので一概に言えませんけどね。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




クリート位置は。。。
「結果ありき」のような感じの記事になりましたが
自分のフィーリングに間違いはなかった
・・・と、再確認した記事なんです。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最新記事