これ。。。
私の パーソナルデータ どす |_-。) ポッ
2017051300.jpg




今回の内容はタイトル通り
セッティングの 「確認」 と、その 「覚書き」 でございます。

自身のための内容なので
軽くスルーしていただければ幸いでございます。
2017051300d.jpg



身長183.4 cm股下91.0 cm
2017051300b.jpg
上半身128.1cm は 「腕長」 と 「胴」 を足した数値。


これは、2011年に
某簡易フィッティング で計測したデータ。
現在も・・・ほぼ変わっておりません。
その身体計測データを基にした
セッティングの 「アドバイスシート」 でございますな。

この 「身長」
足を15cmほど開いて計測
そして 「股下」
お股をグッと押し上げて計測 した数値。

これは、サドルに座ったとき
「両足の間隔」 と 「お股にかかる自分の体重」
を考慮した計測方法


なので 実寸 は。。。
身長 184cm、股下 90cm くらいでしょうか。

このデータから導き出されたことは
身長に対して足が長い。。。
足長胴短の体型
・・・と、店員さんが仰ってました。


そんな特異体型で乗る愛車
LOOK 675 light (2015) の
ジオメトリの重要項目 はこんな感じ。
フレームは 「Lサイズ」 でございます。
2017051301b.jpg

A:リーチ385.7 mm
B:スタック566.8 mm
C:トップチューブ長(※)553.6 mm
D:ヘッドチューブ長172.0 mm
E:シートチューブ角73.5°
ホリゾンタル換算値


そのフレームに。。。
標準装備の「LOOK675専用」のステム。
長さは 110mm
2017051302.jpg
不自由に見えても、意外に調整幅あって。。。
オフセット5度を反転 して
さらに 専用5mmスペーサー を入れて
ハンドル落差が最小 になるよう 高め にセットしております。


・・・そして。

77mm ショートリーチ のハンドル
2017051303.jpg


・・・と。

172.5mm のクランクを装着しております。
2017051304.jpg


さてさて、この自転車に乗る私
足長胴短 ということで
縦方向に長く、水平方向に短い
・・・というセッティングになります。

とりあえず。。。
平均体型を基にしたアドバイスシートの セッティング は
CLX号LOOK号
物理的にほぼ不可能でした。

なので、私の場合。。。
すべての基準となる 「サドル高」
アドバイスシートを大いに参考にいたしますが
それ以外は 実践でのセット ・・・ になります。

まぁね。。。
「このセッティングにしなさい」
と、いう正解があるわけではなく。
体型や柔軟性は個々の特性があるので
セッティングもまた
数字にとらわれず個々それぞれでイイ。

ある程度、正解っぽい(?)セッティングをして
そこから。。。
自分のベストポジションに
アプローチしていくスタンス
・・・でございます。
とりあえず、「サドル高」 「サドルの前後位置」
そして 「クリートの位置」 は重要だと思ってます。
そこさえキッチリしておけば
膝を痛めたりする原因は、ある程度排除できるんかな。




まず。。。

すべての基準となる 「サドル高」
アドバイスシート通り 808.0mm にセットしております。
アドバイスシートは 808.5mm ですが、そんな細かいセットはできませんw
2017051305-2.jpg

「サドル高」 は上げたり、下げたり試みて
最近、1周回って 「808.0mm」 に回帰。
係数にすると 股下910mm×「0.888」 くらいやね。
実は・・・実践ありきで
「係数」は単なる計算結果にすぎないと思ってますw



サドル高が決まれば
次は 「サドルの前後位置」 でございます。


前後位置は。。。
ペダルが水平になったときの
「膝」 と 「ペダル軸」 の位置を基準
にセット。
「クリート位置」 も関係するので
シューズを履いてセットしております。
2017051306a.jpg

私、今現在のセットは。。。
ペダルが水平の位置にあるとき
膝皿の横のくぼみ から、錘をつけた糸を垂直に降ろし
ペダル軸と交わる ようにセットしております。
実走でサドルに座る位置との誤差もあるので
実走しながら数回微調整を施してます。

2017051306b.jpg



すると。。。
私、「前乗り」タイプ じゃないけど
この位置のセットになります。
2017051307.jpg
膝とペダル軸とのラインを保ちながら
サドルを上げれば上げるほど。。。
物理的に 前寄り のセットになるんです。


今回の位置にサドルをセットしたとき
サドルの先端から錘をつけた糸を垂らして・・・と。
2017051308-1.jpg


ここ。。。
「サドル後退幅」75 mm になります。
UCI規定が「50mm以上」なのでクリア・・・関係ないけどw
2017051308-2.jpg
ちなみにアドバイスシートの後退幅は「100mm」。
25mmも差がありますが・・・実践優先です。



ポジションの基準になるサドルの位置が定まったので
各所をまとめてみますと。。。
2017051309.jpg

A:サドル高808.0 mm
B:サドル後退幅75.0 mm
C:ハンドル(上面)落差117.0 mm



参考値として。。。
2017051309-2.jpg

D:サドル - ハンドル(芯)565.0 mm
E:サドル - ブラケット(手前)720.0 mm


ということで。

私、2017年5月現在
このポジションで乗っております。

自分のセッティングを数字で知ってると
有名プロ選手や色んな方の数字を見つけたときに
比べたりできるのでオモシロイです。




・・・でだ。


今回の記事は何のための
「覚書き」 なのかと申しますと。

パーツを交換して
ポジションが狂わないように
と思いましてね。


・・・と、申しますのも。


先日、Merlincyclesさんで
購入したパーツが届いておりますので。
2017051310.jpg


あっ、購入したのはコレね。
もったいぶらないですよ。
「3T」 のシートポストです。
となりは・・・ついでに購入したポンプw
2017051311.jpg


まぁ、半年ほど前から
シートポストを交換したいなぁ・・・と思いつつ
「交換の必要性」「メリット、デメリット」
私なりの答え が出せずモヤモヤしておりました。


実は少し前に
正ちゃんさん から「なるほど」的なアドバイスをいただいて
交換不要 に至っておりましたが。。。


やっぱり、交換したい理由がございまして。


そんな折、検討していた「3T」のポストが
Merlincyclesさんで破格値になったこともあり
私の価値観に合致したので購入しました。
2017051312b.jpg
セットバック「0-25」っていうモデルが出たから処分価格なんかな?



と、いうことで。

今さらの交換なので
いつになるかわかりませんが。。。
愛車のシートポストを交換します。

詳細は・・・また、いつの日かの記事でw

まぁ、アレですよ・・・。
素人がメジャーを使って
正確にミリ単位のポジション設定なんて出来ません・・・てw
あくまで理想値、目安です。
±5mmの誤差はあるものとしておきましょうな。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

3T IONIC 0 TEAM STEALTH シートポスト
価格:20412円(税込、送料無料) (2017/5/8時点)



確かに、ココの人。。。
鈍感だから5mmくらいの誤差は気づかないと思うわw

( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最新記事