今さらでございますが今年最初の記事でございます。
新年のご挨拶は完全にタイミングを逸してますな(笑)。

昨年、大晦日にチョロっと乗った
ニューバイク LOOK 675 LIGHT

今回はもう少しだけ距離を伸ばして走りました。


1月7日(水)
今年最初の平日休でございます。
しかしながら。。。
息子の冬休み最終日なので自転車よりも息子と一緒に過ごそうかと。
それにサイコン(マウント)とボトルケージも未だ付いておりませんので
今回もノーボトル、ノーツール・・・近場で済ませました。

その行き先は。。。
何か新しいものを導入したときに走る
私のテストコース「滝畑・関西サイクルスポーツセンター」でございます。

朝、自宅を出て
いつも通りサイクルスポーツセンターの坂の手前で3分休憩。
2015010701.jpg


んで、いつも通りインナーでクルクルと坂を登り始めます。
ここの坂、1.8 km程度のコースでございますが
登り始めの 400mくらいが激坂。
そこを頑張って登り、あとは勢いで登りきり・・・
今回はダム湖まで行かずに終了。
2015010702.jpg


行って帰っての2時間コースでございました。
距離: 35.5 km 、上り: 402 m 、Ave.: --.- km/h 。。。
2015010700.jpg



今回、LOOK 675 LIGHT である程度走ってみて。。。
私レベルで 「インプレ」 と言うと恐れ多いので
簡単に 「感想」 を書いておきます。

まず 『漕ぎ出し』 ・・・これは 「軽い」 の一言。
CLX 2.0が 「スーッ・・・」 という感じならば
675 LIGHT は 「ピュン!」 という感じ(笑)。

そして 『加速』 でございますが
CXL 2.0 が 「グン・・・グン・・・」 という感じならば
675 LIGHT は 「バビューン!」 という感じ(笑)。

全くよく分からない表現でございますなぁ(爆)。

とにかく 非常に反応が早い と感じましたねぇ。
これは 「フレームの剛性」 と 「軽さ」 の恩恵なのかな。
ペダルを回せば回した分だけ反応してくれます。
特に 加速は非常に気持ちが良い です。
大晦日に乗ったときのワクワク感はこの加速にありますな。
私の脚程度では自転車に 「まだまだ速く走れるよ(余裕)。」 と言われている気がいたします。
回しても回しても、そこからまだ伸びる感じがいたしました。

そして 『登り』 ・・・これは私、全く得意ではございません。
675 LIGHT だから速く登れるということは ナイ です・・・やっぱり(苦笑)。
ただ・・・ 「CLX 2.0 より登れる」 という感じではなく、「CLX 2.0より前に進む」 という感覚はありました。
サイコンを付けてなかったので 「?」 でございますが
もしかしてだけど・・・微妙に速かったのかな(超希望的観測)。

登りの途中、ちょっとギアを変えて
これも得意ではないので普段はあまり使わない 『ダンシング』 も試みました。
明らかにCLX 2.0 よりいい感じでリズムよく進みます。
車体を「振る」のではなく、ペダリングに合わせて 「振れてくれる」 感じがいたしました。
パートナー(675LIHGT)にリードしてもらって踊っているという感じでございますな(笑)。
まぁ、私の場合は所詮「立ち漕ぎ」でございますけどね(涙)。


あと 『下り』 でございますが。。。
これも私、怖がり屋さんなのでゆっくり下りましたが
非常に安定、コントロールしやすいと感じました。
下りに限らず、 「ヘッドチューブとステムの間にスペーサーがない」 のはハンドリングに影響するのでしょうか。(私の場合、実際は5mmスペーサーがあります)
もうちょっと乗ってから考えてみようと思います。
2015010703.jpg


まぁ、 「ダンシング」 も 「下り」 も
「ステムを短くしたCLX 2.0 」 と比較したら当然の感覚かもしれませんな。

以上、とりあえずこのグレードのフレームなら
「至極当然」の感想 でございました(笑)。
・・・とは言え、他にも感じたこと がありますので
もうちょっと乗ってからまた記事にしようと思います。


んで、その日は帰ってから息子と公園で遊んだり。。。
モダカさん でランチをしたりして過ごしましたとさ。
2015010704.jpg


あっ!? そうそう・・・走り終わって感じたこと。

今回、走った距離は 35km 程度なのに
「実質約2ヶ月ぶりのロードバイク」 と
「正月でナマった身体」 を差し引いても
100km以上走ったような脚の 「疲労感」 を感じました。
いやいや。。。
走行距離を考えれば疲労感というより 「ダメージ」 やね。

こ、これってやっぱり・・・よく言われる
「高剛性」と「下手なペダリング」の関係 なんですかね(涙)。
今回みたいな走り方で本当に100km走ったら後半は絶対に脚が止まるね。



スポンサーサイト


コメント

  1. ノーツール、ノーボトルだと精悍なイメージが増しますね。
    恐ろしいくらい速そうに見えます。

    ( 16:03 )

  2. こんにちは。
    大変ご無沙汰しておりました。
    お変わりありませんか?
    風の噂には聞いてましたが・・・・
    めちゃくちゃかっこいいじゃないですか!
    これは精悍で速そうですね。
    LOOKは以前から憧れていたメーカーですよ。
    これで走るのが楽しくなりますね♪
    硬いフレームは確かに反応が良くて踏めば踏むほどスピードが出ますね。
    その反動は間違いなくやってきます(汗)
    以前本気アワイチ企画でアルミのTCRにコスカボ履かせて走りましたが調子に乗って踏んでいると峠を越えたあたりから疲れが一気にきましたよ。
    脚が疲れたとかではなく全身から力が吸い取られるような脱力感みたいな感じでした(汗)
    やっぱりそこそこ距離を走るときは考えてペダルを回さないとえらいことになりますね(苦笑)

    ( 16:37 )

  3. やっぱテストコースはちゃまさんの定番の滝畑方面ですね(^o^)
    ホームコースで走るのが一番違いがわかりますからね。
    やはりLOOK675は やる子でしたね(・∀・)イイ!!
    反応が良いのは乗っていて気持ち良いですよね。
    やっぱ高剛性だと長い距離になるとこちらの体力が奪われるのかな??
    私は鈍いので その辺よくわかんないんですよ(^^;;
    ちなみに私もペダリングはサッパリですよ(笑)
    下死点で踏み過ぎてます (・_・;
    またロングのレポートも期待してますね。

    ( 17:51 )

  4. ハム | 4JcWZNxE

    う~ん、高級車に乗ってみたい。

    ( 10:21 [Edit] )

  5. ちゃま | 6aSMEmJs

    Re: イガイガ さん

    お待たせしましたぁ・・・って待ってないか(笑)?
    次の記事ではようやくボトルケージも付いてると思います(笑)。
    何も付いてないと恐ろしいくらい速く見えますか?
    でも乗り手は恐ろしいくらいへタレなんですよ(涙)。

    コメント有難うございました。

    ( 12:49 [Edit] )

  6. ちゃま | 6aSMEmJs

    Re: kimotoshi さん

    有難うございます、カッコいいでしょ(自己満足)。
    ブランドロゴが目立たない仕上げにしたら思った以上に精悍な仕上がりになりました。
    反応が良いだけに乗っているとワクワクします。
    しかしながら・・・現段階ではあきらかに自転車に負けていますわ(涙)。
    そして脚の疲労感ってホントに一気にきそうですね。今回くらいの距離では脚が止まるまではいきませんでしたが、終盤は無意識のうちにペダルを休めていましたよ。
    「硬いフレームは脚にくる」って言われますが、あれって結局「ペダリングが未熟なら」という文言が付いてくるんですね。
    果たして、私にLOOKを乗りこなせる日は来るのでしょうかねぇ(涙)。
    いや・・・絶対に乗りこなしてやろうと思っておりますよぉ。

    コメント有難うございました。

    ( 12:51 [Edit] )

  7. ちゃま | 6aSMEmJs

    Re: やっさん さま

    ハイ、やっぱりマンネリコースのほうが変更点の比較がしやすいのもですから(笑)。
    結果、確かに675は「やる子」でした・・・その反面、「私のできない子」ぶりが露呈してしまいました(涙)。
    やっぱり脚にくるのは未熟なペダリングのせいらしいですねぇ。
    今のままじゃ、とてもじゃないけど100kmを走れる気がしませんわ。
    えっ!? やっさんもペダリングがサッパリですって?
    いえいえ何を仰いますやら・・・「下死点で踏み過ぎ」って分析できているだけ私とはレベルが全然違います(もともと違い過ぎます)。
    私、675の購入を機にペダリングをもう一度見直そうと思っております。
    絶対に乗りこなしてやろうと思っておりますよぉ。

    コメント有難うございました。

    ( 12:52 [Edit] )

  8. ちゃま | 7Bg.8p2I

    Re: ハム さん

    身分不相応な買い物をしてしまいました(汗)。
    現段階で乗りこなせていません(涙)。
    やはり庶民(?)には庶民に合ったものが心地よいのでしょうか?
    いやいや、そんなことのないよう頑張ろうと思います。

    コメント有難うございました。

    ( 12:53 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



最新記事